我が家はボディーソープではなく固形石けん派。

お風呂に入る前に新しい石けんをおろすのが、これまた私の楽しみのひとつ。

石けんが小さくなってくると、いつ新しいのをおろそうか?次はどの石けんにしようかとニヤニヤしながら悩んでしまう。
色々な種類の石けんをストックしてあるので、どれから使うか決めるのが楽しくてしかたがない。

だいたい一ヶ月で一個くらいのペースで石けんを消費している。

なので新しい石けんに変えれるのは一ヶ月に一度の楽しみなのだ。
暑い時期はさっぱり系の炭石けんや臭いが気になるので渋柿石けんをチョイス。

ちょっと寒くなってきたら優しい香りのローズ系石けん、本格的に冬になったらしっとり系の馬油やはちみつ石けんにし、春が近づいてきたらちょっとさわやかなアロエや桜に柑橘系石けんにしたりと、季節によっていろいろ石けんを変えてる。

使い始めて、思い描いていた通りの使い心地だとこれまた至福のひととき。

この喜びはどうしてもボディーソープでは薄れてしまってよくない。

ボディーソープを使っていた時期もあるのだが、まったくもって喜びがなかった。
何故だろう?
自分でもわからないが、石けんでしかこの喜びは味わえないのだ。